【Project Zomboid】序盤の攻略方法を徹底解説!~おすすめ設定とサバイバルテクニックを紹介~

攻略ガイド
スポンサーリンク

リリース日が2013年11月8日と、発売から年月が経過しているにも関わらず、2023年現在も多くのユーザーがプレイしているProject Zomboid(プロジェクトゾンボイド)。
リアルを追求した高難易度のゲームシステムが魅力ですが、その難易度ゆえに生存日数を延ばせずに行き詰ってしまった人も多いのではないでしょうか。
今回は、初心者におすすめのゲーム設定と、序盤を生き抜くための攻略方法を紹介します!
どうぞ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ゲーム開始時のおすすめ設定

ゲームを開始するために、まずはプレイスタイルを選びましょう!
ここでは「生存者」を選択すると、本作の標準的な難易度で緊張感のあるサバイバルを体験できます。
しかし、高難易度で話題の本作。
標準的な難易度と言っても、一筋縄ではいきません。
「生存者」で行き詰ってしまった場合は、「カスタムサンドボックス」がおすすめです。

「カスタムサンドボックス」を選択すると、ゾンビの量やキャラクターの成長速度など、非常に細かい設定が可能です。
しかし、難易度を下げ過ぎてしまうと、ゲームの面白さを損なってしまいそうですよね。

何を変更しようか悩んだ時は、まず車両の設定を変えてみることをおすすめします。
Project Zomboidでは路上に止めてある車を運転することが可能で、移動と運搬に大活躍しますが、車を動かすには鍵と燃料を探す必要があります。
車がある場所には大量のゾンビが居ることが多く、この鍵と燃料を探していたらゾンビに囲まれてしまったという経験も多いのではないでしょうか。

ここで、「車両に燃料ある比率」を『高い』に、「車両の施錠頻度」を『無効』にしておくと、見つけた車をすぐに運転することが可能になります。
車があるとはいえゾンビの脅威は変わりませんが、移動と運搬が楽になるので快適にサバイバルを楽しむことができますよ。

プレイスタイルを選択した後は、スポーンする街を選択します。
選択肢は、ウェストポイント・マルドロー・リバーサイド・ローズウッドの4つです。
人口が多い街は商業施設が多く、貴重なアイテムも入手しやすいですが、人口に比例してゾンビの数が多いので探索どころではありません。
最初のうちは、ゾンビの数が少なく探索がしやすいローズウッドでゲームに慣れていきましょう。
ゾンビが多すぎて辛い!と思ったら、早々に郊外のゾンビが少ない場所に移動してしまうのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

サバイバルに必須な職業と特性を紹介

キャラクターを作成するうえで、重要になってくるのが職業と特性です。
しかし、いざ選ぼうと思っても種類が多く迷ってしまいますよね。
ここでは、サバイバルを有利に進めることができる、おすすめの職業と特性を紹介します。

おすすめ職業

職業は22種類から選ぶことができます。
それぞれ、職業に特化したスキルを最初から保有しているので、選んだ職業によって序盤の難易度が大きく変わってきます。

ゲームに慣れるまでは、消防士木こりがおすすめです!
消防士は、初期ステータスの高さが魅力です。
なかでも筋力は、全職業中最も高い値となっています。
筋力は持ち運べるアイテムの最大重量や、武器ダメージにも影響しているため、最初から高い消防士はゲームを有利に進めることができますね。
木こりは、消防士ほどではないですが初期ステータスが高く、斧使いに特化しています。
伐採効率も高いので、木材を使用する場面が多い本作では、使い勝手のよい職業となっています。

おすすめ特性

職業と並んで、難易度を左右する要素が特性です。
緑文字の特性がプレイヤーに有利に働くポジティブ特性、赤文字の特性がプレイヤーに不利に働くネガティブ特性となっています。
最終的な消費ポイントがマイナスの状態ではゲームを開始できないので、コストの合計がプラスとなるように特性を選びましょう。

特性効果コストおすすめポイント
不眠必要睡眠時間が少ない-2夜間の活動時間が増えので、読書などに時間を使える
野外活動愛好家厳しい気象条件に左右されない-2病気になりにくくなる
強靭運搬容量がアップし、筋力+4-10序盤から探索・戦闘が有利になる
職業消防士と組み合わせると、スタートから筋力MAX
胃弱食中毒リスクアップ+3腐敗した食べ物などを食べなければ問題ない
がぶ飲み水の消費量が増加+6後半も水は取得しやすいため、負担が少ない

上記は、おすすめ特性の一例です。
さまざまな組み合わせを試して、プレイスタイルに合った特性を見つけましょう!

スポンサーリンク

序盤の攻略方法

キャラクターを作成しゲームを開始すると、ランダムな位置からサバイバルのスタートです。
ゾンビを避けてアイテムを収集し、生き抜くための準備をしていきましょう。
ここからは、序盤で知っておきたいサバイバルのテクニックを紹介します!

危険を避けてアイテム集めは効率的に

生き抜くためには、マップ上を探索してアイテムを集める必要がありますが、どこに行ってもゾンビがいる世界では、探索は常に危険と隣り合わせです。
危険を回避するためにも、ポイントをおさえて効率よく探索していきましょう!

室内探索のポイント

室内を探索する場合は、探したいアイテムに合わせて探索する場所を選びましょう。
Mキーでマップを開くと、マップ上の施設が色分けされていることが分かりますね。
この色で、どのような施設なのかを判断することができます。

探索で見つけておきたいアイテムが、金づちやノコギリといった工具系のアイテムです。
工具は金属製の棚で見つかることが多いので、見つけた場合は忘れずに探索しておきましょう。

フィールド探索のポイント

フィールドでアイテムを探す場合は、虫眼鏡アイコンをクリックして探索モードを有効にしましょう。
探索モードを有効にすると、周囲で発見できるアイテム情報を確認したり、マップ上では目に見えない昆虫などを見つけることができます。
序盤のクラフトで必要となる小枝や石なども、フィールド上に落ちていることがあるので、探索モードで探してみましょう。

プレイヤーの周りが白くぼやけた状態が、探索モードを有効にした状態です。
この状態で暫く歩き回っていると、プレイヤーの頭上に目のアイコンとアイテムまでの矢印が表示されます。

矢印に沿って進むとアイテムのアイコンが表示されるので、右クリックメニューからアイテムを回収しましょう!

大量のアイテムを運搬する

探索エリアが広がると大量のアイテムを運搬したくなりますが、プレイヤーが持ち運べる重量は限られています。
限界を超えてアイテムを持つことも可能ですが、移動速度が遅くなるだけでなく、骨折の危険性まで発生します!

そんな時に活用したいのが、バッグです。
バッグを装備すると、プレイヤーの運搬可能な重量がバッグの容量分増加します。
単純に運搬量が増加するので、早めにバッグを見つけて装備したいですね。
バッグの種類によって容量は異なるので、ゲームに慣れたら最も容量が大きい軍用バックパックを探してみましょう!
は、トランクルームにアイテムを収納することができます。
バッグ以上に大量のアイテムを収納することができるうえ、車なら長距離移動も安全に行えるため、探索には欠かせません。
トランクルームの容量は車によって異なるので、余裕があれば沢山荷物を積める車を探してみてもよいかもしれませんね。

必要なアイテムはクラフトして自分で作成

各地を探索してアイテムを集めるのもゲームの醍醐味ですが、自分でアイテムをクラフトすることも可能です。
画面左側の製作ボタンを押して、制作メニューを開きましょう。
武器・道具・医療品など、多種多様なアイテムが表示されていますね。

ゲーム序盤でクラストできるアイテムは少ないですが、序盤でクラフトしたいおすすめアイテムをいくつか紹介します。

アイテム名レシピ表示タブ作成メリット
槍(手製)サバイバリスト簡単に作成できる武器の1つ
耐久力は低いが、リーチがあり扱いやすい
石の斧サバイバリスト木を伐採することが可能になる
探索で斧が見つからない場合は作った方が早い
包帯を消毒する
布切れを消毒する
応急医療怪我の治療に使用
感染症のリスクを下げる

クラフトには、材料の組み合わせが複数あるレシピも存在します。
入手が簡単なアイテムを使用してクラフトを行い、貴重なアイテムを消費してしまわないように気をつけましょう。

小さな傷も命取り!健康状態をこまめにチェック

Project Zomboidで常に注意しておきたいのが健康状態です。
小さな傷であっても、放置しているとあっという間に悪化し、命に関わる危険な状態なりかねません。
肉体的・精神的ダメージを負った場合は、すぐに適切な処置を行いましょう!

怪我の種類と治療方法

擦り傷・切り傷などの怪我を負った場合は、健康パネルに各部位ごとの怪我の状態が表示されます。
情報の細かさに、最初は驚くのではないでしょうか。

序盤最も悩まされるのが、ゾンビに襲われた際の引っかき傷や咬み傷です。
出血を伴う怪我は、包帯や布切れを巻いて治療しましょう。
治療をしておけば、時間の経過に伴い傷と体力が回復していきます。

ここで注意したいのが、「減菌処理した包帯や布切れを使う」という点です。
滅菌処理を行うと感染症にかかるリスクを減らすことができるので、忘れないようにしたいですね。
減菌処理は、製作メニューの応急医療タブ内にある、「消毒する」という項目から実施します。
包帯や布切れを消毒するために必要なアイテムは、高調理鍋(水)・消毒用アルコール・バーボンのいずれかです。
消毒用アルコールとバーボンは見つけるのが難しいアイテムのため、高調理鍋(水)を使って作成することをおすすめします。

高調理鍋(水)と言われても、最初はなんのことだか分からないですよね。
これは、熱湯が入った鍋を指します。
お湯を沸かすには、オーブンを右クリックして電源を入れ、中に水の入った調理鍋を置きます。
暫く待機し、鍋の色が赤色に変わってくると、水が沸騰した合図です!
オーブンの近くに居れば、鍋を取らなくてもクラフトできるので便利ですね。
鍋をオーブンから取り出した場合は、すぐに冷めてしますので注意して下さい。
オーブンの使い方は少し分かり辛いですが、料理などでも使用するため、「中に入れたアイテムは過熱状態になっている」ということを覚えておきましょう。

状態異常はすぐに対処

状態異常は、画面右上にアイコンで表示されます。
最初はアイコンの意味が分からないと思いますが、カーソルを合わせると説明が表示されるので、見慣れないアイコンが表示された場合は、まずカーソルを合わせてみましょう!
状態異常には異常レベルが存在し、異常レベルが上がるとデメリットも大きくなります。

状態異常概要回復方法
重量過多荷物を持ちすぎると発生
移動速度が低下し、異常レベルが上がると持続ダメージを受ける
バッグなどに荷物を移動する
不要な物を捨てる
疲労寝ずに行動を続けると発生
認識能力が低下し、異常レベルが上がるとスタミナが回復しなくなる
ベッドで眠る
パニックゾンビに遭遇すると発生
精度と視界が低下する
ベッドで眠る
アルコールを飲む
水濡れ雨に濡れたり、走り続けて汗をかくと発生
風邪をひく可能性がある
熱源の近くで乾かす
身体を拭く
雨を避けて室内で待機する
持久力走り続けたりエクササイズを行うと発生
移動速度が低下し、走れなくなる
地面に座って休む

上記は、序盤でよく目にする状態異常の一覧です。
ゲーム中はこの他にも様々な状態異常に襲われると思いますが、異常レベルが低いほど回復も容易になるので、早め早めの改善を心がけていきたいですね。

現在日時の把握を忘れずに

「〇日後に、水と電気が止まる」という世界で過ごすには、日時を把握することが非常に重要です。
ゲーム中に日時を確認するには、腕時計を入手しましょう。
腕時計を入手すると、画面右上に時間が表示されるようになります。
注意したいのが、アナログ時計とデジタル時計で表示が異なり、アナログ時計では時間しか表示されないという点です。
日付を知るためにも、デジタル時計を入手したいですね。
時計はゾンビがつけている確率が高いので、ゾンビを倒したらデジタル時計を付けていないか確認しましょう!

効率的にスキルを強化

キャラクターにはスキルの概念があり、各スキルに関係する行動をとったり本を読むことで、スキルが成長していきます。
なかなかスキルレベルが上がらず、苦労した人も多いのではないでしょうか。

そんなスキルを簡単に成長させる方法が、テレビを見ることです。
7月9日から7月17日と期間限定になりますが、数十分テレビをみるだけで簡単にスキル経験値を得ることができます。
時間は「6:00」「12:00」「18:00」の1日3回、チャンネルは「Life and Living TV」に合わせましょう。
成長するスキルは、大工仕事や調理などの特定スキルになります。
簡単にスキルを強化できる非常にお得な機能ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、初心者におすすめのゲーム設定と、序盤を生き抜くための攻略方法を紹介しましたが、いかがでしたか?
Project Zomboidは非常に難易度の高いゲームですが、システムを理解し生存日数が延びてくると、どんどん面白い部分が見えてくるゲームでもあります。
序盤の困難を乗り越えて、ゲームの楽しさを見つけて下さい!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました