【Kenshi】ゲーム内日数10日で拠点を作る!(v1.0.11)

攻略ガイド
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kenshiで初めて拠点を作るという方や、拠点作成が上手く行かない方むけに拠点の立ち上げを紹介します。

内容としては、オススメとして紹介している拠点の候補地「フォグ・アイランド」にゲーム開始から10日程度(ゲーム内時間)で作成するという企画の元、当該地域で注意する事や建設のポイントなどを紹介していきます。

なお、今回紹介する進め方では拠点作成後の金策については考慮していないため、全く同じようにプレイすると遠回りになってしまう可能性がありますが、攻略の一助になるかと思いますので、気になる方はぜひ最後までお付き合いください。

初期設定

始めにプレイする初期設定を紹介します。
今回は可能な限りデフォルトに近い設定やバニラに近い環境設定で行います。

  • 種族:スケルトン
    今回のプレイでは初期の拠点作成に掛かるコストを下げるため、空腹度が下がらないスケルトンを使います。
  • 初期設定:放浪者
  • 高度な設定:初期設定のまま
  • MOD(入れてはいますが、機能自体は使いません。)
    • 256 Squad Limit
      部隊数を最大256人までにするMODです。今回はデフォルトの最大数にも到達しないため、効果はありません。
    • Buy slave To Join team
      奴隷を購入すると確実に仲間になるMODです。今回は奴隷を使用しないため、効果はありません。

ゲーム開始から拠点作成準備まで

まずはゲーム開始直後から拠点作成の準備をするところまでの流れを紹介します。

仲間を増やす(1日目)

1人で拠点を作るのは非常にリスクが高いため、始めに仲間をもう一人増やしたいと思います。

スケルトンでゲームを開始する場合、最初に仲間にするのは「サッドニール」というスケルトンがオススメです。

このサッドニールは仲間にする際に費用が掛からず、スケルトンの特性で空腹もないため、維持にもお金がいらない便利なキャラクターです。

注意すべき点としてはこのサッドニールは酸性雨が常時降り続ける危険地帯にある都市「ブラックデザートシティ」にいるため、酸耐性のあるスケルトンやハイブ以外では対策をしていかないと常時ダメージを受け続ける事になります。

ゲーム開始のスタート地点「ハブ」と「ブラックデザートシティ」は画像のような位置関係にあります。

道中に色々な敵対勢力がいますが、幸いにしてプレイヤー走り続けているプレイヤーを攻撃できる足の速いNPCはいないため、マップを開いてブラックデザートシティがある場所を右クリックして自動で移動させてしまってOKです。

移動中はかならず、「受動戦闘」「防御態勢」にチェックを入れ、万が一の時に面倒な巻き込まれを極力回避するようにしておきましょう。

あとは、到着次第、バーを見つけて「サッドニール」を仲間にして完了です。

金策と出立の準備(1日目~5日目)

無事サッドニールを仲間にしたら、次は拠点を作るのに必要な資材を買うための金策を行います。
ちなみに、スクインやそのほかの街で他のキャラクターを仲間にできる機会がありますが、今回は諸々の理由によりあえてスケルトンの2人だけで拠点作成を行います。

理由については都度解説を入れますので、状況によってや条件次第では組み込んでも良いかと思います。

スクインに移動する

今回の金策は運に寄らずテクニックも不要な「採掘」を行います。
理由は後述しますが、場所は「スクイン」の近くになります。

移動するルートについては少し大回りになりますが、赤線の「ハブ」⇒「スクイン」ルートを通るようにしましょう。

赤線のルートの場合、遭遇しやすい敵が「ホーリーネーション勢力」「飢えた盗賊」の2種類となりますが、そのうち盗賊の方は必ず呼び止めようとするため、全力で正面から走り抜けても攻撃を受ける事がまずありません。

一方で、最短距離で移動すると、大体オレンジ枠辺りにいる盗賊が問答無用で攻撃してくる上に、道が複雑で、AIが引っかかったり、道を戻ったりするため無用な攻撃を受ける場合が多いです。

採掘で金策と独立の準備

スクインについたら早速、採掘を始めましょう。
採掘が出来る地点は何カ所かありますが、今回オススメするのは下記の2か所(赤円が銅鉱石、黄円が鉄鉱石)です。


今回は先ほど仲間になったサッドニールを採掘担当として銅鉱脈に張り付かせて、初期キャラクターは運搬と資材調達を担当させます。

ちなみに、今回拠点作成で最初に持っていくものは下記のアイテムです。そのタイミングでの相場次第ですが、全部で8500キャット前後になりますので、銅鉱石で言うと40~50個程度売却出来れば揃えられます。

  • 鉄板 12個(手動式石材加工器、手動式鉄鋼石精錬器用)
  • 建築資材 3個(石鉱山用)
  • 本 3個(鉄板・急ごしらえの壁研究用)
  • 木製バックパック 1個(荷物運びに便利)
  • スケルトン応急処置キット 1個(今回の方法では必須)

このアイテムは全てスクインで入手できるので、資金調達含め、3-4日程度あれば揃えられるはずです。
ちなみに、「手動式鉄鉱石精錬機」と「鉄板」はなくても今回のゴールには影響しませんが、そのまま拠点を作り続けるとなると鉄板を買いに行くのが面倒になりますので、予め用意しておくことをオススメします。

無事、準備が出来たら遂に拠点作成に出発となります。

拠点作成を行う

準備が整ったら早速出発となります。

目的地は画像の赤円部分になりますが、道中でオレンジのハイブの村を発見しておくと後々便利です。
このハイブの村は村ごとに雑貨商があり、本や建材、農業に必要な植物などを売っているため便利に使えます。
特に今回の場合はキャラクターがスケルトンという都合上、ホーリーネーション領の「ハブ」などが使えないため、なんでも手に入る場所というのは非常に貴重です。

道中は酸性雨が降っているため、例のごとくスケルトンとハイブ以外は酸性雨で大変な目に合います。
そのため、道中で遭遇する敵は大半が人間や動物の群れではなく、単体または少数で動く「ゴリロー」「ビークシンク」です。

これらの敵は1体の戦闘能力は高いものの数が少ないため、振り切るのが容易で万が一追いつかれた場合でも、どちらかが囮となれば逃げきれる可能性が非常に高いです。

また、どちらも特性として肉食のために倒れた敵を捕食するため、死んだふりをするだけでも危険極まりないのですが、スケルトンの場合は死んだふりになったら相手にされないというメリットがあります。
あとは適当な距離が離れたら起きあがって逃げればOKです。

これがあえて「スクイン」方面から向かった理由になります。

拠点を築く(5日目~完了まで)

拠点を築く際は最初の建物を建て始めてから襲撃が始まるまでに、安全地帯を用意するという時間との勝負がスタートします。安全地帯を用意出来ない場合、積むことはあまりないもののかなりの大苦戦を強いられます。

■候補地の全景(※撮り忘れのため、別のデータを使用)

ここが新たに拠点を築く場所になります。
ここを資源探査すると一発で分かりますが、ここは「水:100」「肥沃度:110」に加え、石・鉄・銅のすべてがそろっている非常に好条件の立地です。

一方で欠点いえるところは「大きい都市から遠い」「フォグマンの巡回が頻繁」の2点です。
特に「フォグマン」は死んだふりをすると連れていかれて、食べられてしまうという問題があり、なめてかかると非常に危険ではあるのですが、スケルトンは例のごとく食べれないので、そのまま捨ておかれます。

仮にフォグマンに襲撃を受けてしまったという場合は、居なくなるまでその場で死んだふりを続け、安全になったら再び再開しましょう。

石鉱山と石材加工の設置個所

拠点で初めに用意するのは「石鉱山」と「石材加工器」の2つですが、まずはこれの設置場所から注意が必要です。

普通に考えると効率が100%になる場所に設置したいと思う所ですが、この場所の欠点で上げているフォグマンの巡回には規則性があるため、あえて効率を落としてでも巡回経路から外すようします。

下の画像の赤線が巡回頻度の高い経路黄線が巡回頻度の低い経路になります。
そのため、画像のような中央上の部分が安全な場所になります。
一見すると中央下は巡回ルートから外れているように見えますが、左右の斜めに移動してくるルートのフォグマンに絡まれるため、あえて1ルートからしか絡まれない中央上部分に配置します。

この場所に「石鉱山」と「石材加工器」一カ所にまとめて設置します。
そして、ここから建設資材が大量に必要になるため、金策で採掘を行った方のスケルトンを主軸に建設資材の確保を進めます。

また、次の項で説明する退避小屋が完成するまでは、完全に無防備になるため、必ずカメラを使って周囲を警戒するようにしましょう。
万が一敵が来た場合は、敵がいない方向に逃げるようにします。

研究台の設置と退避小屋の活用

建設資材が揃ったらすぐに「小屋(小)」の建設を始めます。
この小屋は敵が来た際の退避小屋および研究台の設置場所として使用します。


設置する場所は石鉱山と石材加工器のすぐ隣にします。

フォグマンの巡回は視界に入らなければ襲ってこないため、近くまで巡回が来た際には小屋の中にキャラクターを入れ、扉を閉めます。わざわざ扉を開けようとはしないため、鍵をかける必要はありません。

小屋の建設が終わったら、中に研究台を設置して完了です。
研究台が完成したら、「急ごしらえの門」と「鉄板」を研究します。

壁を配置する

「急ごしらえの門」と「鉄板」の研究が完了したら壁を設置していきましょう。
この拠点で設置すべき壁の場所は4か所ですが、一気に作ると建築資材が不足気味になるため、下記の順番で1か所ずつ順番に完成させましょう。

  1. 右下

    ここは大体2-3個の建設資材で壁が完成します。この位置を始めに塞いだのは少ないコストで襲撃者から逃れるポイントを作れるためです。
  2. 右上

    次に右上を塞ぎます。ここは建設資材1-2個程度で完成します。先ほどの右下と含め、この二カ所を塞ぐことが出来れば右半分は敵が通らなくなるため、ほとんど攻撃を受ける事はなくなります。
  3. 左下

    この部分を塞ぎます。ちょうど「ハンブ」が居る場所に銅鉱脈があるため、拠点からやや遠い位置ですが、この辺りに設置します。
    一見すると登れなさそうに見えますが、この部分は下から上がってこれるので注意が必要です。
    この位置は利便性が高いため、門を設置したいところではありますが、起伏が激しく建物を設置しにくいため、防衛する側が非常に不利な位置になります。そのため、今回は壁で塞ぐことにしました。
  4. 左上

    最後に左上に門と壁を設置します。
    この位置は画像のように内側に食い込むように設置させます。こうする事で非常に強固な防御ラインを設置出来るようになります。

拠点完成

さて、最後の左上を埋めたところで完成いたしました。
先ほどの画像を見ていただくと分かるかと思いますが、完成の日時は11日でした。
若干足が出てしまう形となりましたが、言い訳をさせていただくと、出来たはいいけどそこで詰むものを紹介しても仕方ないと思い、そのまま拠点を作り続けるつもりで「手動式鉄鉱石精錬機」を設置したり、鉄板を作らせたりしていたためです。

ちなみに、そのまま継続してプレイをしており、現在50日ぐらいまで進めていますが、特段の支障はなくプレイ出来ています。
ただ、やはり金策面がネックになり発展速度が遅いと感じるため、準備してから行くというのが正解だとは思います。

拠点で起こる問題と解決策

最後に、今回の拠点で起こりそうな問題と解決策について紹介して終わりにしたいと思います。
拠点作成で自身の無い方は、この辺りをチェックしてからすすめると良いかと思います。

十分な戦力がない段階で拠点に襲撃が来た場合

巡回のフォグマンは小屋の中に隠れてやり過ごせばよいですが、襲撃の場合は扉を壊して中に入ってくるため、逃げる必要があります。

幸い、現在のバージョンでは一定時間経過すると帰っていくので放置しておけば問題ありません。

襲撃者は「カニバル」「フォグマン」「盗賊」の3種類ですが、このうちフォグマン以外はかなりの頻度で巡回のフォグマンに遭遇し、撃退されるか足止めで時間を取られるため、意外と居座られる時間も長くはありません。
そのため、他の巡回チームに見つかる危険性も少ないです。

巡回に絡まれた場合

今回のようにスケルトンだけで建築する場合は、1体をおとりとして突っ込ませ、もう1体を小屋の中に入れてください。
そして、おとりとなったスケルトンについては「防御態勢をOFFにする」ようにしておいてください。
これは早々にダウンしてもらう事で、出血によるダメージを減らす事が目的です。
スケルトンの場合、ダウンしても連れ去られないので、ダウンする事自体は大した問題ではありません。(そのためのスケルトン応急処置キットです)

以降の防衛方法

そのまま拠点を大きくしていく場合の防衛方法を紹介します。
この方法では大よそ15人前後の仲間がいる事を前提にしているため、それ以下であれば戦闘をせずに逃げる事を推奨します。

特に「カニバル」「フォグマン」は個体の戦闘能力よりも数で押してくるタイプのため、こちらが少数だと極めて不利な戦いになります。

■最終的な防衛線を作成した時の例(赤および黄の円がクロスボウ砲台の設置場所)

黄円の部分は高台になっているため、クロスボウ砲台を設置すると門の外にいる敵も、内側の建物の扉を壊す敵も攻撃できます。
そして、下の赤円部分からも攻撃を加える事で、門の内側がキルゾーンとして機能します。

実際に戦闘を、眺めてみると分かりますが、それぞれの建物と初期で作成した小屋、壁にあるクロスボウ砲台、高台のクロスボウ砲台に敵が分散していくため、1か所毎に来る人数は極めて少なくなります。また、高台に至っては到着前に結構な割合で全滅します。

ダメ押しとして、門は防御態勢にしたスケルトン2体で修理、各建物はそれぞれ1人ずつ修理を回しておくことで、さらに防御力を上げる事ができます。

当然スケルトン2体はやられてしまう前提ですが、例のごとく連れ去れたりはしないので何ら問題はありません。攻撃力も高く無いため、出血でやられるという事もあまりありません。

注意点としては、戦闘終了後に門は開けっ放しにして、近づかないようにしましょう。これは非常に重要なポイントで、死んだふりをしている敵をフォグマンがお片付けにくるため、門を閉めるとわざわざ壊して引き取りに来てしまうためです。

少人数のためまず負ける事はありませんが、絡まれると面倒なので上記を行っておくといいでしょう。

拠点での金策

潤沢な鉄鉱石や銅鉱石があるため、刀や銅鉱石の売却で稼ぎたいところですが、道中厄介なフォグマンがいるため、動物に載せるか、重量オーバーにならない程度の荷物という制約が付いてしまいます。

そのため、軽くて単価の高いお酒類で金策を行うと良いかと思います。
特に、肥沃度も高く、乾燥地帯のため、サボテンや小麦などには困らないのでオススメの方法と言えます。

ちなみにフォグマンはおおむね18mph程度あれば振り切れるため、それぐらいの速度になるのであれば重量オーバーでも問題はありません。

まとめ

以上がゲーム開始10日程度で拠点を持つ方法になります。
実際にテストプレイかねて数回程度、フォグアイランドに拠点を作成してみましたが、比較的難易度の高く無い建設場所ではあるものの、利便性や使い勝手を考慮すると少し劣るかなぁという印象でした。

ただ、他のホーリーネーションのように特殊な制約さえクリアすれば安全という場所を除くと比較的拠点を作る難易度は高く無いため、亜人種やスケルトンでプレイする際に、慣れるために1度作ってみる場所としてはちょうどいいように思います。

今回はこれで以上となりますが、ここがわからない等の質問がありましたらコメント欄までいただければ返信や追記をさせていただきますので、お気軽にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました